専門学校のススメ

専門学校では大学では学べない専門的な技術・知識を学ぶことができるので、就職率は大卒よりも高いです。有り体に言うと、本来大学は就職のために進学するものではありません。高い専門教育を受け、幅広い教養を身につけるのが目的なので学士や修士の称号は取得できても大学側から簿記やパソコン検定などを受けさせるような指導はほとんどないのです。こういった状況から、就職するには一般教養を受ける時間はもったいないという声もあります。専門学校に進学して、専門的な知識や技術を学ぶ一方で、社会情勢・時事問題などは新聞やニュースを見ればいいのです。

まだまだ景気がよくならない現状ですから、少しでもよいところに就職したいものですよね。専門学校では種々の資格や免許取得にも力を入れていますから、大学よりも就職には有利です。また、専門学校によっては文部科学省が認定する「専門士」の称号を得ることができ、これにより4年生大学への編入も可能ですので、履歴書の最終学歴に大卒と記入することもできます。

いかがでしょうか。現在では専門学校を卒業された若い方々が社会で活躍されています。学んだことが社会ですぐに生かすことのできる専門学校もぜひ進路選択の1つに入れてみるのも良いのではないでしょうか。